忍者ブログ

債務整理後の借入

債務整理後の借入は難しいのかな?

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大卒新人くんの借金事情

今年4月に入社したI君

真面目です

いい子です

ただ彼には多額の借金が…

そう奨学金

利息込み20年払い

総額600万ほど

在学中は親の援助無しに奨学金とアルバイトしながら生計立ててた感心な子です

月に2万ほどの返済

現在アパートに暮らし自炊生活

近々、車も購入予定

決して楽な生活とは言えません

今の世の中I君のような若者は珍しくありません

ただその一方で増えてるのが奨学金の滞納

これ甘くみてはいけません

平成20年から奨学金の滞納がブラックリストに登録され始めました

どういうことかというと平成20年11月以降に奨学金を利用すると個人信用情報の取扱いに関する同意書の提出が必須となったわけです

鬼の顔も三度までと言われるように3ヶ月以上連続で奨学金滞納してる人を対象に全国銀行個人情報センターに延滞という登録をされてしまいます

この延滞の事実は返済して解消されても5年間残り続けます

また返済せず延滞のままだと個人信用情報機関である日本信用情報機構 シー.アイ.シー 全国銀行個人情報センターの間で共有され丸見えの状態になります

この丸見え状態から審査の時に延滞が判明してクレジットカードの新規作成ができなかったり利用停止

はたまた借り入れ不能

住宅ローンが組めないとなるのです

現在の日本学生支援機構はサラ金を思わせるような督促方法で逃げ続けるのは非常に困難です

9カ月以上滞納すると債券回収業者に依頼して法的な強制執行を伴う行動とってきます

最悪、保証人にまで迷惑かける事態となります

借りたお金は必ず返す

当たり前です!

ただ借りる時の年齢から重圧を感じる学生があまりいないのも現実

学校の勉強と同時に借金の責任も教えないといけませんね

I君も時折暗い表情見せながらも頑張っています

我が子を思う気持ちでいろいろ説教もしてます

私が言うことはあなたのお母さんが言ってると思って聞いてね!って

嫌なババアです

でも営業職なだけに学生上がりのI君には最低限知るべき世間の常識も親の気持ちで教えてます

もちろんお金のアドバイスなんかもやっちゃってます

ホント鬱陶しいババアの私です

でも新星I君を応援したい!

それが本音です

若者のより良い暮らしのために

拍手[1回]

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

トラックバック

スポンサーリンク

ブログ内検索

ブログランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金相談・支援(債務整理)へ

ninja tools

スポンサーリンク