忍者ブログ

債務整理後の借入

債務整理後の借入は難しいのかな?

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

“兄弟”への葛藤

今朝ね、NHKのアサイチという番組で「兄弟」をテーマに特集していました。

印象深いパターンがある姉と弟。

弟は跡取りとして大事に育てられ甘やかされている。姉は何かと「お姉ちゃんでしょ」と叱られる。

結婚して家を出て、子どもも生まれ幸せに暮らしていたら弟から連絡。「お金貸して」

苦しい家計から何とかねん出してお金を貸したら、弟のブログ?か何かで、車を買い替えたとあり怒り爆発

そのお金も返さないうちに、またお金の無心断ったら、「商売(ここは八百屋経営)がつぶれてもいいのか」

今は距離を置いてるって言ってたかな


私にもあります。そんな想いが…。

私は兄と妹がいる中間子でして、実家は九州の兼業農家。

でも父は肉体労働的なことしてた会社員、田畑は母がしていましたね。

でも父はケガや病気で入院してばかりだった記憶があります。

ですから、貧しくて一時は生活保護とまでは言えないまでも、給食費はいらなくて学用品は学期ごとに予算の範囲で申込用紙で注文していました

それでも兄は長男だから、妹は末っ子だからで私への対応と違うんです。

誕生日のプレゼントなんかもらったことなかったけど、妹はぬいぐるみもらってたな。

兄はノート代とか言ってお金をもらってお小遣いにしていましたし。

兄は就職の際も、母が空港の所長の家に鯛の尾頭付きまで持参して仕事をあっせんしてもらい、飛行機の整備の仕事を得ました。

私は田舎の風潮が嫌で、親類もいない大阪に来ました。

高校は地元の県立進学校でしたが、奨学金を借りていたためそれも返しつつ、実家に仕送りまでしていましたよ。

兄も妹も家には入れていなかったと思います。

進学とかほぼ考えていませんでした。しがらみから解放されたかったし、自由になるお金も欲しかったし。

私は結婚の際、お祝いの範疇以外に支援は受けていませんが、兄のために結婚のあっせん業者にもお金貸したりして。

結局その兄は、20歳ごろ発覚した先天的心臓病がらみで、43歳の誕生日前日に急死しました。

遺品整理していたらサラ金で借金していたことが判明しました。

そして兄の死ぬ5年ほど前に父が亡くなっていますが、母はその際、私にいきなり相続放棄の書類をいきなり送ってきたんです。

私は拒否しましたけど「お前は嫁に行ったから」そんなんで納得できません。

だから兄の死後に、精神状態が普通じゃなくなった時期があって母に言ったんです。

「母ちゃんは兄ちゃんを結婚させようとお金使ってたけど、うちに相続放棄させようともしたけど、もしそれが母ちゃんの思い通りになったとしたら、今頃母ちゃんは路頭に迷ってたよ!」

兄の部屋からは実家の土地家屋の調査書が出てきたんですよ。

あれが兄の名義になっていたら、売るつもりだったんでしょうか。

またなんで借金をこさえたんでしょうか。

その謎はいまだに不明です。

生前、子どもができたと女が押し掛けたか。

電話かけてきたかあって、母が中絶費用としてお金を渡したこともあったらしいです。

兄が渡す必要ないって言っているのに。

それに対しても「それって証拠ないやん。病院にいった証明あるん?なんでホイホイ、お金渡すんよ」

このころは台風被害のせいで、自宅裏の川から逃げるよう、行政からの指導でお金をもらって家を別のところに立て直ししましたから、ちょっと金銭感覚鈍くなっていたんでしょうね。

生前の父も訪問販売の営業マンからサプリとかほいほい買っていたようですし

「もし、兄ちゃんがあの年で結婚できたとしてもどうせバツイチ子持ちの人との結婚やで。血のつながりのない子どもと養子縁組でもしたら、そっちに遺産はいくんやで。心臓病の兄ちゃんがそのままポックリ逝ったら、母ちゃんはどのみち追い出されるやん」みたいなこともあの時は言ったな。

兄は亡くなったとき、自動車保険ですら毎月1980円くらいの振込にして、それも滞納していたし、車のローンも100万以上残っていたので、母にそれを一括返済させましたけど。

父と兄の死で、少しずつ認知症の症状が出てきている母は今は実家近くの介護施設に入っています。

母の姉にあたる伯母も同様。

伯母のところの長男も、結婚当時から鬼嫁に支配されなんとも頼りない。

母親ってなんでこう息子ばかり大事にするのかな。

うちの旦那は結婚当時まで、お姑さんをママって呼んでいたし、お姑さんは「ユタカちゃん」だし。

甘やかすと自立できないって…

私なんか、親の愛情これっぽっちも受けてないってコンプレックスがあるもん

逆にうちの娘は一人っ子だから、私がなんでもしてあげて、本人はのほほんと育ってしまった。

支援は受けていたのに、介護となると親の見舞いにも来ないとか、今日のアサイチのテーマはいろいろと考えさせられました

拍手[1回]

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

トラックバック

スポンサーリンク

ブログ内検索

ブログランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金相談・支援(債務整理)へ

ninja tools

スポンサーリンク