忍者ブログ

債務整理後の借入

債務整理後の借入は難しいのかな?

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

住宅ローン…元金均等返済もありかと

書きまーす

住宅ローン返済には主に

元利均等返済

元金均等返済

があるのはよく知られていますね

多くの方の場合

定額返済の元利均等を選ばれることが多いかと…

定額返済なので計画を立てやすい

そういった理由が多く

提案する側も元利均等を勧める場合が多いです。

ではなぜそれだけ計画的に選んだはずの元利均等返済でローン返済が困難になるのか

ズバリ

勉強不足です

知らず知らずのうちに無理な買い物に手を出してしまってるんです

例えばですが

金利1,75%

3000万借入

35年払い

で考えてみます(ちょっとざっくりです)

元利均等返済だと毎月95,573円

利息総額は10,140,777円

元金均等返済だと一回目の支払い額115,179円

利息総額は9,209,375円

これからもわかるように利息総額の差は93万円あまり

初回の返済額から見ると月の返済額の差は二万足らずありますが元金均等返済の最終支払い額は71,533円です

5年、10年先の年収

予測つきますか?

無事に勤められてるといった保証ありますか?

もし月払いが元利均等の額じゃないと払えないというなら借り入れ額を減らせばいいんです

上記の場合だと元金均等だと2500万ほどの借り入れ額になってしまいます

500万も下げたら希望の家ができない

ですが本来それが実力にあった買い物なんです

土地選びを重視するのは仕方ない部分もあるかと思いますが、要望を盛り込んだ家作りをするうちにだんだんとシステムアップしてしまい

結果高額な買い物となってるケースをよく目にします

いざ住んでみるとここはいらなかったかな…とか

これにお金かけすぎたかな…とか

そんな反省点もちらほら…

でも借りたお金は返さないといけません

500万を削った家作りに見直すのか

はたまた

生活見直しで月払いの二万円を浮かすのか

方法はいくらでもあります

元金均等返済は収入の不安定に対応できる返済方法のひとつかなとも思いますが…(あくまで私の考えです)

多額の借り入れとなると先々の詳細まで考えられなくなってしまうものです

とりあえず今ならこれだけ支払い可能…

そんな安易な考えでローン組んでしまうので後で困難に迫られるのです

売る側は借り入れMAX常態で話をもってきます

そしてそれがいかにも可能かのように話をもっていきます

引っ掛かっちゃダメですよ!

ご自分の実力はご自分で計算しましょうね!

ネットでも簡単にシュミレーションできます

キャッシュフローだって簡単にシュミレーションできます

大事なお金のこと人任せにせずにまずは自分で始めてみましょうね

それで迷うことがあれば専門家に相談すればいいんです

返済方法の選択は借り入れ額や金利、返済年数などによって一概にどれが正しいとはいえません

どの方法が自分にあってるかを見極めて下さいね

近々つなぎ資金についても書けたらなって思います

ではまた

より良い暮らしのために

拍手[1回]

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

トラックバック

スポンサーリンク

ブログ内検索

ブログランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金相談・支援(債務整理)へ

ninja tools

スポンサーリンク