忍者ブログ

債務整理後の借入

債務整理後の借入は難しいのかな?

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

住宅ローンが払えないとき…

今日も能書きなしで書きまーす

アベノミクス

はたまた

アベノリスク

とやらで景気の効果や悪化を受けてる方もそれぞれかと…

ただ今は良くても今後の見通しとなると

うぅ~ん

となる方も…

そんな中、住宅ローンに頭抱えてる人は少なくありません

ちょっと支払いが厳しいかな?

そう思ったらすぐに対処を!

まだ返済能力がある場合、少しでも早い時期に借り入れをした金融機関にご相談を!

金融機関に相談すると返済期間や返済額を変更して当面の負担を減らしてもらえる可能性があります。

ただ当面というだけで返済期間が延長になった場合、確実に金利は増えますのでよくよくご相談なさって下さいね。

金融機関への相談をためらう場合には、全国個人再生支援機構という無料の相談窓口がありますので利用されるのもいいかと思います

返済能力がある場合、生活の見直しや相談でかなり改善、解決になることも多いですが

返済不能の場合

滞納が1~2ヶ月の場合

引き落としが出来なかったお知らせが届きます。

電話での場合も。

滞納3~5ヶ月となると

今度はいついつまでに振り込んで下さいという期限付きで督促状が届きます

もうイエローカードです

金融機関によっては3ヶ月の滞納で競売手続きに入ってしまうケースもあるそうです

滞納6ヶ月前後

こうなるとレッドカード区分です

滞納分と遅延損害金を一括で振り込んで下さい

との催告書が届きます

最後通告です

ここで返済できない場合は返済不能とみなされます

ローン債権は金融機関からローン保証会社へと移り代位弁済の通知書がきます

一括弁済できない場合、法的手続きによる請求

そう、競売の通告です

裁判所から競売通知が届くと6ヶ月以内に自宅は差し押さえられ競売にかけられます

競売は最悪の結末

かなりの低価格となり多額の債務が残ってしまいます

競売となるなら任意売却の方がまだ救いようが!

こんな結末にならないためにも困った時はひとりで抱えず相談窓口をご利用されることをオススメします

コマーシャルなんかで自宅を担保に…

なんてものを目にしますが

あれはあれでけっこうトラブルもあるそうです

何よりもそんな不安に陥る前に手にする時、そうならない手段を考えるべきなんです

収入や健康の保証なんてありません

いつぞやの日記にも書いたように最悪のシュミレーションも計画のひとつ!

支払い方法や借り入れ総額をよーくお考え下さいね!

定年後にローンが残るとかなり家計を圧迫します

資産がある場合、予定利率を算入してキャッシュフロー作ったりしますが

利回りなんてあればラッキーぐらいに思ってた方があとが楽

無理した買い物は必ずどこかにしわ寄せがきます

後悔しないためにいろんな方法、手段を手にいれましょうね

拍手[1回]

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

トラックバック

スポンサーリンク

ブログ内検索

ブログランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金相談・支援(債務整理)へ

ninja tools

スポンサーリンク