忍者ブログ

債務整理後の借入

債務整理後の借入は難しいのかな?

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

借金

無事に、住宅メーカーで正社員になれたのですが、300万の借金は、一向に減らず、サラ金に利息だけ振り込んで、ほんの少しの借り入れ枠が出来たら、また借りて、その繰り返しの生活でした。

その当時、別れたかみさんにも、本当に迷惑をかけてた時期でした。

毎日が、お金が無く、ケンカもしょっちゅうでした。

仕事の方も、正社員にはなれたものの、お客さんを接客しても、契約のけの字も出ない様な、感じでした。

初契約から、半年、一向に上手く進まない自分の不甲斐なさ、その時は、限界を感じて、エリアの所長に、退職願いを書いて、提出しに行きました。

自分には、住宅営業は、合わないと思い、退職を決意しました。

その時、所長は展示場を移動する様にするから、もう少し頑張ってみないかとの、言葉を頂き、内心展示場を移動した所で、今の状況は、変わらないだろう、遅かれ早かれ、会社を辞める事になるだろうと思ってました。

住宅メーカーの営業は、一応、店長、上司と役付けがあり、和気あいあいとやる様な環境では有りません。

契約数で、ボーナスの支給額は、大きく変わります。

周りの人達は、口には出さないものの、お互いがライバルで、時には、お客さんの取り合いを展示場内で、繰り広げます。

自分も一度だけ、店長とお客さんの取り合いになりましたが、結局店長が強引に自分の契約にされた事もありました。

そんな職場環境だったので、展示場を移動しようが、自分には、合わないと決めつけていました。

四月から、別の展示場に移動して、初日の日、今でも忘れもしない言葉でした。

自分を指導する立場の上司が、俺を呼んで、今、一番不安な点は何かあるか、聞かれました。

その時、自分は、初契約のお客さんの住宅ローンの手続き、資金計画で、頭が一杯でした。

お客さんの家作りが始まって、着工したら、資金が足りなくなった、なんて事になったら大変です。

未経験なので、不安で仕方ない時期でした。

その事を新しい展示場の上司に伝えたら、俺が代わりに、そのお客さんの資金計画をやるから、貴方は、新しいお客さんを見つける事だけに、専念しろと言われました。

その一言だけでしたが、物凄く救われた気持ちになりました。

肩の荷が降りた様に、スッキリしたのを、今でも覚えています。

そこから、自分の借金返済の道が開けて行きます。

拍手[1回]

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

トラックバック

スポンサーリンク

ブログ内検索

ブログランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金相談・支援(債務整理)へ

ninja tools

スポンサーリンク