忍者ブログ

債務整理後の借入

債務整理後の借入は難しいのかな?

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

債務整理期間

残暑も一段落したようで、いよいよ秋の気配を感じられる今日この頃

来月は私も研修期間が終わりどうなるか心配

クビになってもいいように次の仕事探しておかないとと思ってるところ

お客に偉い、人を見下げた、ものの言い方をする奴がいて頭にくるのですが

何にも考えないでマニュアル通りにものを言う私も悪いと言う事で反省点あるので仕方ないです

世の中には色んな人いるので、まぁ~いいかぁ~と思ってるところです


■ 住宅ローン審査についてです。

3.4月に住宅ローン仮審査に通り、土地の開発工事が終わってから銀行と本契約団信契約という段階で住宅会社と話を進めています。

そんな中、昨日旦那の旧姓宛に弁護士法律事務所から通知が届きました。

簡単に言うと、10年程前の債務の残りがある。債務会社が潰れたから委託されて請求しているという内容です。

弁護士事務所に問い合わせてみたのですが疑問があったり、旦那も覚えがないと言い張るので、ネットでそこの電話番号を検索してみると、いくつか情報口コミがあり、『すでに債務整理を終わっている人の債権を安く買い取って良心があるなら払えと言うような法律事務所。無視すればいい。』などの書き込みが何件かありました。

怖くなり、今日司法書士法律事務所の無料相談に行ってきました。

司法書士の方に書面を見せていろいろ調べてもらいました。

ですが、債務会社も法律事務所も実在するし、詐欺にはわざわざ弁護士は入らない。

やはり旦那が昔借りていた可能性が高いと思うとの事でした。

ですので明日振り込む予定でいます。

そこで気になったのが、信用情報機関です。

3.4月の段階では審査は通っているのでその時点では事故はなかったはずです。

ですが、今回急にこんな請求が出てきて、信用情報機関が汚れることはあるんでしょうか?

法律事務所に電話した際、今後住宅ローンを考えているが、これは信用情報機関に載せられてしまうのか聞いてしまいました。

その方は、それは大丈夫です。払っていただければ終わる事ですので心配しないで下さいと言われました。

本当に大丈夫なのでしょうか…


● 数回読み直しをさせて頂いて、そんな法律事務所もあるんだと思いました。

何故かといえば、時効の壁を全く考えていないからです。

10数年前といえばその間債権者若しくは、債務者からご主人に対して、何らかの請求がされていないのに『今になって良心に咎めがあるなら払え』とは、相談した司法書士の方々だって、その点をなにも考えないはずがないとも思えません。

ある一定期間内に本人に債務請求しなければ確実に時効が成立します。(例えば、郵便での督促状)

すると疑問になるのは、結婚された時期、債権処理をしている会社が潰れた時期、そしてそもそも郵便が旧姓で送られてきたのに到着した事実です。(現居何年もローンに記載するはず。)

すると、逆に疑問に思えてくるのが何故奥様の籍に入られたのか、大概の法律関係者だったら知っていそうな残債の整理に時効問題が一切かたられていない事

金融機関が一番嫌がるのは、事故です。

延滞しなければ、債務不履行をださなければ事故にはなりません。(だから、ローン詐欺だって発生しているのです。)

でも、確実に家を購入するのだったらローン実行前に膿は出し切るべきです。

今一度法律関係者に確認をとるべきと思います。

拍手[0回]

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

トラックバック

スポンサーリンク

ブログ内検索

ブログランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金相談・支援(債務整理)へ

ninja tools

スポンサーリンク