忍者ブログ

債務整理後の借入

債務整理後の借入は難しいのかな?

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

債務整理デメリット

上司が変わると仕事の優先順位ややり方が変わる。

だがしかし その下がする仕事の内容は変わらないのに…

さすがに今のご時世

数字優先になるのは理解出来るが 人の成長を優先しない上司はどうなんだろうかと疑問もあるが

それを言うことのデメリットを考えると 何とかするしかない

いろいろ葛藤もあると思うけど 会社員の運命と割り切って やるしかないよなー

日本中の中間管理職の方々へ

めげないで へこたれないで 出来るだけ無理せず

楽しくいきましょう


■ 友人が債務整理経験者の彼と結婚する事になりました。

しかし1つ気になる点があると言うので、ご質問させて下さい。

婚約相手の男性は、下記のような原状との事。

・ 過去に債務整理(自己破産ではないと言っていました)をしている。

・ 現在も毎月(弁護士に?)返済している。

・ クレジットカードやローンのは審査通らない。

・ 現在は会社員でありながら、自営で副業もこなし、収入は安定している。

友人(女)はクレジットカードなどの延滞もなく、金銭的にしっかりしております。

ここでご質問なのですが、婚姻届を提出し、債務整理者である彼の苗字になるということは、銀行口座やクレジットカード会社に届け出している苗字も変えなくてはなりませんよね?

そうなる事でデメリットなどはあるのでしょうか!?

例えば、債務整理者(金銭的に信用が無い人)の妻になったという事で、今後クレジットカードやローンの審査が通らなくなってしまうなど。

クレジットカード会社や銀行などには、苗字が変わった事を伝えなければいいのでは…

とも思いましたが、それはダメですよね。。。

債務整理者(金銭的に信用が無い人)の妻になっても、友人の社会的(金銭的)信用というものは変わらずにいられるものなのでしょうか?

お分かりの方、是非教えてください


● デメリットはまったくありません。

むしろ改姓手続きをしないと問題があります。

ひとつ把握していないていけないのは月々の返済額です(返済しているということは自己破産ではありません)。

収入が安定しているからといって、月々の返済額分手取りの収入は減るわけですから、家計管理上把握しておく必要があります。

あと、いつ完済なのかも把握しておく必要がありますね。

拍手[0回]

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

トラックバック

スポンサーリンク

ブログ内検索

ブログランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金相談・支援(債務整理)へ

ninja tools

スポンサーリンク