忍者ブログ

債務整理後の借入

債務整理後の借入は難しいのかな?

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

債務整理後 カード

借金を無くすには債務整理をする以外ありません。

最近、弁護士の債務整理宣伝を良く見かけます。

これは弁護士法が改正され、今まで出来なかった宣伝行為が出来る様になったのと、貸金業法改正の追い風があるからなのです。

宣伝内容は「債務整理をしたら払い過ぎた利息が戻る場合があります・・」等です。

しかし、弁護士に債務整理を依頼して「利息分が戻って来た」と喜んでいると、俗に言う「ブラックリスト(信用情報機関に事故記載)」入りです。

もちろん持っているクレジットカード等は使えなくなります。

このリスクを取るか、地道に返済するかは、借金の金額にもよりますね。

ちなみに債務整理をして「ブラックリスト」に入れば、5~7年間は、カードも借入れもNGとなります。

今日のお題は・・・債務整理後 カードのお話です。

■ 消費者金融の情報掲載について質問です

平成20年2月に任意整理をして残債0円になり過払いも戻ってきました。

残債0と言う和解書の日付は平成20年7月頃です。

先日CIC、JICC、全国銀行協会に情報開示をした所


CICの方に

エポスカード、SMBCコンシューマ(旧プロミス)の2件

保有期間の記載あり


JICCの方に

セゾンカードの1件

完済。事故情報なし。


全国銀行協会0件


以上の情報が載っていましたが

その他、アイフル、アコム、武富士の情報が載っていませんが

どこに開示すれば乗っているのでしょうか?

事故から5年を過ぎない期間載るとなれば少なくても25年2月までは載っていると思うのですが。

情報がキレイになったら住宅ローンを組みたいので知っている方いましたら教えてください。


あともう一つ質問なのですが、CICの情報に任意整理直後に「A」や「P」が載ってるのは分かりますが、整理月日20年2月、和解書20年7月なのにそれ以降についている

その後の「空白」「-」などの表示は削除してもらえるのでしょうか?

エスポカードの方は最後の事故情報の後8ヶ月空白で21年2月に突然「-」が付いています。

※参考までに

「空白」=情報の更新なし

「-」=請求も入金もない

● 全国銀行協会は銀行を対象としていて、非銀行の貸金業(消費者金融、信販業者、クレジットカード会社等)についての指定信用情報機関はCICとJICCしかありません。

かつて、CCBという機関がありましたが、指定信用情報機関の対象外になったため、JICCに統合されました。

CCBの保有していたデータについてもJICCに統合されています。

アコム等の消費者金融のデータは基本的にJICCに登録されますが、JICCにもCICにも無いとなるとどこにも無いことになります。

何故無いかはわかりませんが、JICCでの保有期間については「5年間保有」ではなく「5年を超えない期間」となっていますので、無くても不思議ではないような気がします。

載っていないのが、「事実と異なる」ので載せて欲しいというのであれば、JICC経由で消費者金融会社に「調査確認依頼」をすることもできますが・・・・

エスポカードについては、「空白」「-」なら問題ないのではないでしょうか?

事実と異なるならCICに依頼できますが、これは事実ですよね。

また、任意整理から5年経てばこれらの情報も一緒になくなるはずですが、念のためCICに確認してください。

拍手[2回]

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

トラックバック

スポンサーリンク

ブログ内検索

ブログランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金相談・支援(債務整理)へ

ninja tools

スポンサーリンク