忍者ブログ

債務整理後の借入

債務整理後の借入は難しいのかな?

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

契約情報は完済後5年を超えない期間で保持され・・個人再生の情報はいつ消えるのでしょうか?

■個人再生の情報はいつ消えるのでしょうか?

夫が過去個人再生をしており、完済して今年で5年になります。

個人再生の情報が消えたら、住宅ローン等組みたいと考えていますが、何年で消えるものなのでしょうか?

5年と言われる方と、10年と言われる方といるので混乱しています。

去年、夫名義でクレジットカードを作る事が出来ましたが、先月銀行で住宅ローンを申し込んだ所、断られました。

悪い情報が残っていたとの事です。

住宅ローンはCIC,JIC,KSCを見ての審査だったようです。

それぞれで、何年残るなど違うのでしょうか?

詳しい方、教えて頂きたいです。

よろしくお願いします。



●個人再生は債務減額(元本も)のうえ最大3年間で返済計画を組みます。

3年計画で返済した場合、その契約情報は完済後5年を超えない期間で保持されますから合計8年程度が個人信用情報に異動情報=ブラック記載が残る可能性のある期間。

これに対して個人再生は官報に記載されるので銀行の保有期間は10年と言われています。

もちろん債務整理対象となった金融機関は半永久的に保持し続けますから一生ダメな場合もあります。

また、銀行傘下や提携する金融機関は自社の持つ情報を相互に利用しますと契約書にも明記していますから個人再生の事実は無限大に期間制限なく利用される場合があります。

将来利息無く元本を返済する任意整理と、元本まで飛ばしてしまう自己破産と個人再生は違うという事です。

金融機関の融資原資=純資産に損害を与えてしまえば二度と取引はお断りだし、その情報の相互利用を許諾する項目が契約に含まれている以上並大抵の事では住宅ローンを組ませないでしょう。

過去に自己破産などで住宅ローンを組んだ人はそこに至るまでの努力をした人。

勤続年数を増やし社会的信用構築に努め、年収を増やし返済割合を減らし、頭金を大きく用意し金融機関の債権回収リスクの低減を図ったなどです。

ただ時間が経過しても何も解決しません。

他力本願じゃダメだという事。

ちなみに個人再生に関係のない銀行に申し込んで知られる事の無かった官報情報を結果的に把握される事は愚の骨頂の愚策の下策です。

拍手[0回]

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

トラックバック

スポンサーリンク

ブログ内検索

ブログランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金相談・支援(債務整理)へ

ninja tools

スポンサーリンク