忍者ブログ

債務整理後の借入

債務整理後の借入は難しいのかな?

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

債務整理後の生活

■ 住宅ローン審査の事で教えて下さい。

五年程前に債務整理をしました。

五年程でCIC等の情報から消える、と聞いていたので、そろそろかと思い、先日情報を開示したところ、債務整理に関する情報はありませんでした。(車の引き落としが残高不足で数日遅れのPが何個かありました)

それから家の立て替えを考え、ハウスメーカーさん経由で住宅ローンの審査をお願いし、まぁ、大丈夫、と言われていましたが、審査申し込みの即日でアウトの連絡がありました。

ハウスメーカーさんに過去に事故がなかったか言われて正直に言いました。(開示されてなかったので、事故の話はしてませんでした。)CICには載ってないから、おそらく車の方でしょう、と別の銀行を探してくれて、その条件でも頑張ってくれそうな営業さんを紹介され、まずは面接をしてもらいました。

今までの経緯や、情報開示も見て頂き、車の可能性位しかないですねぇ、と言われ、保証会社に掛け合ってみる、と言ってくれました。

そして、その数時間後にその営業さんから連絡があり、CICで情報を取ったところ、過去の債務整理の事故履歴が出てきた。とのこと(4年10ヵ月前)

自分で取ったCICの開示には載っていなかったのですが、、そんなことがあるのでしょうか?(営業の方と面談し親身になって頂けた為、色々教えてくれました。)

営業さんが言うにはCICはおなじ情報機関なのですが、とのこと

名前と、電話番号からの情報ですよね?

事故の情報を聞いたところ、契約時の住所等から、10年以上前に作った消費者金融カードの内容で間違いありませんでした。

当時は他県に住んでいて、契約したときの携帯番号は覚えていません(今と同じかもしれません)

・個人で開示、と銀行で開示した場合で、名前と電話番号が同じなのに結果が違う可能性はありますか?

・あと2ヶ月で5年と分かったのですが、正確に5年で消えるか自分で確認出来るでしょうか?

教えて頂けると助かります。


● いろいろごご自身の事を説明してますが少し的外れかとも。

重要な事は、

債務整理って代位弁済でしょ?そうならアウト。

代位弁済は要するに、借りたお金を踏み倒して他人に返済させてということですし、そうみなされます。

今はやりの過払い請求も表向きはブラックにしてはだめとなってますが、情報は金融機関が持ってる訳ですから、実質はこいつは高利に手を出してでも金を借りる人間と今でも判断されてます。

融資未承認の理由を言う必要は無いわけですから、その情報で判断したとは誰にも判りません。

金融機関の担当ですら知りえない場合もあります。

基本的には保証会社が判断しますから。


要は、デフォルトした人間は信用度は「0」です。

ここまでの基本は理解できましたか?


次に、5年で記録が消えるというのは嘘です。

都市伝説のようなものです。

しっかりと金融機関は情報を管理してます。

自己防衛の手段としてです。

但し、デフォルトの内容やその後の

※1)生活態度で(転職とかせず、家賃の滞納も無く、その後の借金の記録も無く、少しずつでも定期預金をしてるとか等々)まじめにやっていれば、勤務先や年収によっては5年くらいで融資可になる場合も多いです。

私の知人は10年で住宅ローンが借れました。

これらも記録が消えたのではなく、単にそろそろ貸しても大丈夫かなと金融機関(保証会社)に判断されただけです。

勿論、他の要素も併せて考慮されてます。

※2)勤務先と取引金融機関との関係も大きく影響してます。

長期で融資し回収するわけですから本人の勤務実績や業績実績も当然に判断材料です。

CICで調べるのは概ね、本人に確実に一切事故の覚えが無い場合など人違いではないかを調べる場合です。

過去に事故がある場合は調べません。

身に覚えがあるのですから。

併せて知っておいて下さい。

短期間に何度も融資を申し込むのは(保証会社の)マイナス評価になります。

探りを入れてるとみなされます。

質問内容からだけで判断すれば、金融機関にもよりますが(あくまでも審査・評価判断は保証会社です)、

そうですね、来年を待って再度挑戦されては如何でしょう。

それでも駄目なら10年を待って申し込みですね。

但し、上記の ※1、2)条件を確実にクリアしてることが最優先判断材料です。

拍手[0回]

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

トラックバック

スポンサーリンク

ブログ内検索

ブログランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金相談・支援(債務整理)へ

ninja tools

スポンサーリンク