忍者ブログ

債務整理後の借入

債務整理後の借入は難しいのかな?

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ある男性の慟哭

どうやらパチンコによる借金…


自己破産らしい!


ギャンブル依存症とは精神疾患のひとつで、ギャンブル(賭博)に対する依存症である。

DSM、ICDなど診断基準にはギャンブル依存症という言葉はなく、病的賭博(DSMからは消えた)、ギャンブル障害という。

ギャンブルを渇望する、ギャンブルをしたいという衝動を制御することができない、ギャンブルをするせいで借金など社会生活上の問題が生じているにもかかわらずやめられない、といった症状を呈する。

病的賭博、病的ギャンブリング(ギャンブラー)、強迫的ギャンブル、強迫的ギャンブラー、パソロジカル・ギャンブリングともいう。

ギャンブルへの依存は長らく意思薄弱・性格未熟など本人の資質の問題とされてきたが、1970年代以降、精神疾患として認識する動きが広がっている。

治療には数年を要し、治癒したといえるためにはギャンブルを完全に絶つ必要がある。

長期間ギャンブルを絶つことに成功した後でも再びギャンブルに手を出すとたちまち症状が再発するという特徴もあり、「ギャンブル依存症は治らない」といわれることもある。


精神の病理を理解し治療するためには、常識的なものを一度は離れ、これとは違う視点から病理を見ていくことが必要となります。

しかし、認知療法の視点は、病理と正常の差異性よりもその同一性に着目します。

常識的なものがむしろ強調されるのです。

患者は、健康な人々が日常の中で用いる方略や技能を、治療の過程で再び学習することとなります。

常識(コモンセンス)の視点と方法が応用できる治療法、それが認知療法なのです。

患者の否定的思考(negative thinking)を肯定的・積極的思考(positive thinking)に転換することが重要ではない点です。

認知療法は、ある状況をみる視点はいくつも存在すること、その中には患者の否定的思考よりも適応的(adaptive)・現実的(realistic)な視点が存在しうることを、患者が自覚できるように援助します。

そして、認知的技法(cognitive techniques)と行動的技法(behavioral techniques)という治療技法を用いて、否定的思考に対する患者の確信度を減じることが繰り返し試みられるのです。

拍手[0回]

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

トラックバック

スポンサーリンク

ブログ内検索

ブログランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金相談・支援(債務整理)へ

ninja tools

スポンサーリンク