忍者ブログ

債務整理後の借入

債務整理後の借入は難しいのかな?

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

債務整理後 モビット

債務整理のためある担当者が自宅を手放した。

家族とは別居しており、独り身だ。

そうして住まいを探す事となった。

ところが、気楽に考えていた住まい探しが、思わぬところで足をすくわれる事となった。

彼はすでに還暦を過ぎている。

不動産屋で物件を探してもらったが、借りられないのである。

曰く、「どのオーナーも独居老人に部屋を貸したがらない」のだそうである。

「独居老人」という言葉に、彼は少なからぬショックを受けていた。

まあオーナーの立場にたってみたら、部屋で孤独死などされたら、次の入居者に困るという事情もあるだろうから、わからないでもない。

それでも考えさせられる話だ。

よく家は賃貸派か持ち家派かという議論がある。私は持ち家派であり、迷うことなくローンを組んだ。

同じ家賃を払うなら、将来的に不動産の所有権が得られた方がいいと考えたからだ。

それも先々どうなるかわからないマンションよりも、確実に土地が残る戸建てに拘った。

それは個人の好き好きだが、こういう話を聞くと、やっぱりそれは間違いではないと感じる。

固定資産税は取られても、取りあえずローンが終われば住むところだけは確保できるからだ。

まあそうは言っても、この先どうなるかはわからない。

少子高齢化が進めば、賃貸住宅も自然と供給過多になるかもしれないし、そうなれば「独居老人お断り」などと高飛車に構えていられなくなるかもしれない。

現実に入居者が決まらなくて、四苦八苦している賃貸オーナーだっている。

今回は結局何とか住まいは確保できた。

ただやっぱり思うのは、賃貸派もきちんとした根拠がないと、不安はぬぐえないと思う。

親の家があるなどの事情があればわからなくもないが、年をとった時に大丈夫かと思わざるを得ない。

その分、溜めておけるのだろうか。

そうは言っても無理な人もいるだろうから、一概には言えないが、賃貸か持ち家かと考える際には、こういう話も参考にした方がいいのではないかと感じた次第である。

今日のお題は・・・債務整理後 モビットのお話です。

■ モビットの返済額について…こんなものですか?

結婚予定の相手がモビットで借金を抱えています。

今現在、モビットで月3万円の返済をしています。

私はそこまでしか知らなかったのですが、先日、お金を預かってモビットでの支払を済ませたとき、細かい内訳にビックリしました。

ビックリしすぎて細かい金額までは覚えていないのですが、

・返済額 9000円
・返済利息 18000円
・遅延利息 1900円(1日遅くなりました)

でした。

何度か、上乗せ返済をして借金を…というのを繰り返したそうです。

ちなみに、借金残高180万近くあります。

よくテレビなどで金利が18%だと聞きますが、こんなものなのでしょうか。

もしアドバイスをいただけるのであれば、どのようにすれば早く返済できるのか、その点も教えていただけると助かります。

結婚の為に引越し・転職をし、今の会社に勤め始めてまだ半年も経っていません。

今までの月収は30万ほど。今の会社は23万+バイト代3万。

他社のローンなどもあり、月々の返済は15万近くです。

私の給料は8万円…これは家賃と光熱費にあてています。

アドバイス、よろしくお願いします。

● 総額180万円の借金で、月利1.8万円なら年利は12%です。

法定金利内ですから、裁判所を使った法的な債務整理を行わない限り、債務を圧縮する手段はありません。

180万円を年利12%で借り、月の返済が2.7万円なら、完済までに約77ヶ月、つまり6年以上かかります。

無担保・無保証の借金に手を出すだけで、私はどうかと思いますが、まともな借金とは、2~3年で返済可能な範囲の借金を言うのが世間相場です。

ちなみに住宅ローンの場合、無担保・無保証の借金に手を出しただけで、危ない人と見なされます。

その相手の借金度合いは尋常では無いと思います。

特別な事情も無く、ここまで借金したのであれば、お金に関しておちこぼれと言ってよいです。

法的手段を用いずに早期に返すには、月々の返済額をもっと増やす以外に方法はありません。

月々4万円の返済なら、約52ヶ月。

月々5万円の返済なら、約42ヶ月。

月々6万円の返済なら、約34ヶ月で返せます。

月々6万円返せないなら破綻予備群と言って良いでしょうね。

その相手に、上記の返済について聞いてご覧なさい。

幾ら返せば何ヶ月後に完済できるのか?

キチンと把握しているなら、まだ見込みはあるかも知れません。

その辺を見積もってもおらず、請求書が来たら払っているだけ、足りなくなればまた借りに行くというのでは見込みはありません。

今は結婚を決意する位ですから、相手を愛していると言うのでしょうが、今のその気持ちを完済するまでの6年以上、日々お金と戦いながら維持できるのか?

自問してみてください。

出来なければ結婚生活は破綻します。

人の気持ちは移ろいやすいものですが、借金は確実に残ります。

お金が総てでは無いですが、お金がなければどうにもならないというのもどうしようも無い事実です。

日々の生活で支払いに追われる現実の中で、愛情が冷めること無く生活していける相手なんですよね?

厳然たる現実を越える理念を持てる人は、著名人として誰もが聞いたことのあるような、ごく限られた一部の人のみです。

その相手がその種の人である確率は、貴方が道で100万円拾う確率より低いでしょう。

あり得ないことではないですが、期待するのは愚か者だと思います。

債務整理後 モビット

拍手[1回]

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

トラックバック

スポンサーリンク

ブログ内検索

ブログランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金相談・支援(債務整理)へ

ninja tools

スポンサーリンク