忍者ブログ

債務整理後の借入

債務整理後の借入は難しいのかな?

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

盛り上がるのはいいけど・・・でもね

ここ2日ほどで急に寒くなったからね

風もキツイし

昨日は吹雪いていたからね・・・(ブルブル)

寒の戻りとはいえ寒すぎです!



さて・・・


中国が自国の高速鉄道についてこんな事を言っているそうです



「中国がこれまで積み上げてきた大量の技術を元に作り上げた中国高速鉄道


その技術や設備は世界でもトップレベルアル!」



「国際舞台での影響力も日増しに強くなっているアル!」



「世界市場の開拓を始めて質の高さで世界の高速鉄道建設ブームを中国が牽引するアル!」



中国の高速鉄道や軌道交通装備業は「メードインチャイナ(made in China)」から


もはや「クリエイテッドインチャイナ(Created in China)」へと進化を遂げたアル・・・とまあ



こんな事を言ってるご様子のようです(呆)




おいおい・・・ちょっと待った!だよね



そもそも中国の高速鉄道って日本のJR東日本と川崎重工のものだっただろ!だからね



当初中国はJR東日本ではなくJR東海に対して


○技術の移転

・設計図の貸与と技術者の派遣

・車両は数台のみ購入する

・それを分解して複製した上で中国が国内生産することの容認

・国内生産したもにについて中国独自の技術として第三国に輸出することの容認


○資金の供与

・落札資金は日本の対中ODA(政府開発援助)を原資とする

・不足分は日本の銀行がシンジケートを組んで中国政府に融資

・対中ODAの増額

・工事は中国国内の業者を用いる

○保障・アフターサービス

・運営における教育・訓練の拡充

・事故が起こった場合の補償・賠償・保守責任は日本も負う

・中国がこれを第三国へ輸出した場合の連帯保証を日本がすること



という・・・


こんな滅茶苦茶な要求をしてきたからね・・・



当然ながらJR東海側はあまりに酷い要求に大激怒!


JR東海会長いわく


「中国に新幹線のような最先端技術を売ることは国を売るようなものだ」とし


中国からの申し入れを拒否したのだが



その後・・・


JR東日本と川崎重工は中国と手を結んでしまったからね・・・


しかも「すべての技術を公開する」という約束をしてしまったわけです



で・・・その結果・・・


中国は車両技術について次々と国際特許出願の手続きをアメリカ等で開始



川崎重工は


「中国政府との契約では供与した技術は中国国内だけでしか使用できない」


「その技術を応用して作った製品を輸出することはできないことになっている」として抗議したものの


あとの祭りだったわけです・・・



川崎重工は過去にも


韓国・ヒュンダイ重工業にに造船技術を教えて日本の造船業に壊滅的打撃を与えていたからね



なんでその時の失敗を教訓にしなかったんんだろうね・・・(社内に親韓派がいて力が強かったのかな・・・)




それにしてもさ


中国は調子に乗ってるけど


2011年に中国・温州市で鉄道衝突脱線事故を起こしたからね!



脱線して高架橋から落ちた車両を


事故を隠ぺいするために事故現場の地中に埋めるという・・・とんでもない事をしでかした


あの事件を起こしたからね!



この事件で中国高速鉄道の安全に対する信用度は世界からガタ落ち(所詮はパクリもんだから当然の評価だよね!)




それに


「世界市場の開拓を始めて質の高さで世界の高速鉄道建設ブームを中国が牽引するアル!」と豪語していたものの



中国企業が海外で設計&建設の全てを請け負い


完全な中国基準と装備である中国式高速鉄道を



初めて!


海外(メキシコ)で展開するプロジェクトが突然白紙撤回される事態に!



中国では「高速鉄道の海外進出第1弾が実現」として


大いに喜んでいたのだが


とんだ赤っ恥をかいて


喜びは糠喜びに変わったからね!



中国の売り込み文句は「とにかく安いでっせ!」という


価格面をやたらと強調していたんだけど



入札が中国企業しかなかったこともあって一時は契約が決まったのだが


なぜか突然白紙撤回されたからね



メキシコ政府は


「入札から決定までの期間があまりにも短く


入札の正当性や透明性に疑いの目が向けられるのを避けるため」と白紙撤回の理由を語ったが



おいらは


重大事故を起こした上にその事故車両を地中に埋めるような連中には


「大事なインフラでもある高速鉄道を任せられない!」


「結局は安物買いの銭失い」になってしまう!


そう危惧したから


白紙撤回したと思うわけです!



まあとにかく


メキシコはギリギリだったとはいえよくぞ踏みとどまったよね!



麻薬戦争でぐっちゃぐちゃとはいえ


その判断は偉いぞ正しいぞメキシコ!だよね!!




メキシコで海外第一弾となる中国高速鉄道設置計画・・・(その後は世界制覇を目論んでいた)は


ものの見事に頓挫!した中国




しかし中国はめげずに


今度はタイ王国に接近・・・



タイは前政権時代に新幹線などの高速鉄道導入を計画していたが


現政権は導入を一旦見送った



しかし将来的には高速鉄道導入する気があるようだからね



タイでの高速鉄道事業には日本も名乗りをあげてるからね



先月にはタイ暫定政権のプラユット首相が来日し


東京-新大阪間を東海道新幹線「のぞみ」最新車両N700Aに乗車



プラユット首相いわく


「(新幹線は)素晴らしい」との評価を得たからね


鉄道だけでなく東京駅構内の商業施設とかにも関心を示したご様子



なおプラユット首相は中国でも高速鉄道を利用していて「乗り比べ」を行った模様だからね



「日本の技術に対する信頼は大だけど予算の問題が・・・」と


お金の問題を気にしていたようだけど



タイの方には「何よりも乗客の安全を第一に考えるなら お金をケチってはいけないよ」と


おいらならそう言うけどね!



なにせ日本の新幹線は開業からこれまで事故による列車内の乗客の死亡者数が0人だからね!


それに長年に渡って培われてきた技術や運行システム(ちゃんと時間通りに電車が来ちゃう!)


それに保守点検等


実績は十分だからね!



まあ日本や中国以外の国のも検討中のようだが


少なくとも悪い事はいわないから中国だけはやめといた方がいいよね!なのです





それと


「クリエイテッドインチャイナ(Created in China)」とか言って自画自賛してるようだけど



はぁ?だよね!


何がクリエイテッドインチャイナやねん!




made in Chinaでは物が売れないからということで


最近では


「Made in PRC」(中華人民共和国の英文表記「People's Republic of China」の頭文字を取ったもの)


と表記して



一見だけでは中国産とわからないようにして物を販売してるくせに!だからね



よくもまあ


そんな事をしてるくせに


Created in Chinaとか言えたもんだよね



自国民もmade in Chinaではなく「made in japan」の方を信頼しているらしく


先日の春節の際に中国人観光客が多く日本を訪れた挙句



様々なmade in japan製品を(made in Chinaもあった様子(笑) 間違ってmade in koreaのチョコ買ってしまい残念な人もいたからね(笑)←TVでやってた)


爆買いしていたからね!(定番の炊飯器と温水洗浄便座が売れたようだが・・・便座はそれでいいがそもそも中国の水は信頼できない気が・・・そんな水で洗っても・・・)




made in ChinaをCreated in Chinaと呼ぶなど三百年は早いわ!!!だからね(大昔は大陸から文化等を享受したが 今の腐敗・反日・パクリ国家中国では話にならん!)



パクリ高速鉄道を海外に売りつけたところで


恥ずかしい気持ちにこそなれ


喜ぶなんて気持ちは普通の感覚なら持てないだろうからね



中国って「面子」を重視する国じゃなかったのか?だからね








そういえば軍事面でも空母は旧ソ連製だったよね


南沙諸島において海を勝手に埋め立てて我が物顔で横暴の限りを尽くしているが


それも自国よりも弱小の国に対してしかそんな姑息な行動をできないんだからね



それが自称大国様のやることか?だよね!




まあ


「技術や設備は世界でもトップレベルアル」とか「Created in China最高アル」とか


せいぜい勝手に盛り上がっていればいいよね




でも世界はちゃ~んと中国の事を見てるからね!



そう簡単には思い通りにはならないということを見せつけるためにも


まずはタイでの高速鉄道については日本(もしくは中国以外)が取るべし!


なのであります!




-おしまい-

拍手[0回]

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

トラックバック

スポンサーリンク

ブログ内検索

ブログランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金相談・支援(債務整理)へ

ninja tools

スポンサーリンク