忍者ブログ

債務整理後の借入

債務整理後の借入は難しいのかな?

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そんな時は金融機関の住宅ローン相談窓口で『 事前審査 』をしてみるのも手です

住宅ローンを組む( 利用する )場合、はたして今の自分に、いくら貸してくれるのか?

 本当に利用できるのか?

 不安になる方もいると思います (-_-;

色々と物件を見たり、ネットで比較検討などを済ませたら、具体的な資金計画を … って、思いますよね (^_^)/

でも、アナタが先ず最初にやらなければならないのは「 資金計画 」

資金計画がしっかりしていないと、ただの夢物語に終わってしまいます (>_<)


資金計画の相談をするのに、セミナーを受けるのも面倒ですね( 普通、住宅会社や不動産会社が主催しているので、出席した際のアンケートは購入予定者名簿として流出する場合も有ります )

情報は取捨選択出来るほどは欲しい、が、変なシガラミは不必要 (^_^;

そんな時は、金融機関の住宅ローン相談窓口で『 事前審査 』をしてみるのも手です (^^ゞ

各金融機関の「 ローンセンター 」等で受け付けています( 専門に扱っている支店では、ローンセンターだけ土・日も営業しています )


事前審査( 仮審査 )は無料なので、出来れば複数の金融機関に提出してみると、いろんなことが見えてきます (^_^)v

金融機関によって条件( 貸付け条件 / 金利や貸付額、融資期間、保証料の額など )が異なるので比較検討してみるのもいいですね (^^♪

例えば、

A銀行では保証料が60万円

B銀行では30万円

でも、C銀行では免除とか …

これは、銀行と勤務している会社の付き合いの程度とか、勤務している会社の規模、勤務年数、給与の額などでも変わってきます (^_^;




会社員の場合、必要な書類としては …

 平成27年分 給与所得の源泉徴収票

 印鑑
 
 運転免許証( コピー )

 保険証( コピー )

 物件資料

※ 買うならこんな物件、と思う物件資料( パンフレットでOK )ネットに出てる流通資料のコピーでも可能です (^_^)v




自営主の場合は …

 過去3年分の確定申告書の控え 
 
 印鑑

 運転免許証( コピー )

 保険証( コピー )

 物件資料

※ 会社員より若干、審査は厳しいです (-_-;

印鑑は、認印でOKなのですが … フラット35に代表される「 住宅金融支援機構 」を予定されている方は実印が必要です( 事前審査では印鑑証明はいりません、なので実印予定の印鑑でもOK )

自営の場合は3年以上の実績、つまり3期以上の連続した黒字の確定申告書の控えが必要ですが、会社員の場合、原則、1年以上の勤務で必要条件を満たします ( ..)φ

原則!?

そうなんです、転職などで働いている期間が短い場合、1年分を類推して年収として計算してくれます (^_^)v

具体的には …

例えば、昨年7月に転職( 就職 )して6か月分の源泉徴収票しかない場合、「 1年働いていたら、その倍の給与を戴いてますよね 」って具合です (^_^;



現在の借金の額の把握も忘れないで下さい ( ..)φ

車のローン、家具や家電のローン、携帯やスマホの機種代など …

現金で買ったと言っていたけど、本当はリボ払いで買った品物ありませんか?

「 住宅ローンはご主人が申込み人 」と安心していませんか?

奥様の借入れ( 借金の残額あり )で『 融資不可 』の判定が出ることもあります (-_-;


過去に1ヵ月遅れで、6ヵ月後に完済したクレジット … 『 6ヶ月の延滞実績あり 』と調査報告が出る場合があります (>_<)

その場合は、内容がしっかり説明が出来れば「 問題なし 」にする事も可能です (^_^)v


以前、自営( 会社運営 )で失敗して、銀行などに迷惑をかけたご主人、普通は銀行ローンどころか、最後の砦と称される郵便局でも無理です!

が、奥様が長年定職で会社員を続けているような共働きだったら、奥様の名前( 名義 )だけで購入することも可能です (^_^)v

※ 持込できる銀行は限られてきますが …


そして、自営主の場合ですが、自己資金を要求される場合が多いのですが、その状態で保証会社の承認を取ったうえで( 住宅ローンの持込OKを貰って )
他の銀行から同じ保証会社に申し込めば、自己資金なしで住宅ローンが組める可能性があります (^_^)/



例えば …

A銀行に持ち込んだ 3000万円の物件

住宅ローンの承認条件として提示されたのは …

『 自己資金10%以上 および、登記等諸費用 約250万円を現金で用意するなら、物件価格( 消費税込み )の90%を融資しましょう 』といった内容だった場合 (^_^;

自己資金を550万円用意できれば、2,900万円の融資を得ることが出来る (^_^)v

条件をよく読むと、物件価格の9割までしか出しませんよ … なのですが

一応、2,900万円の融資を得ることはクリア!

その承認の実績はそのままにしておいて( 取り下げしないで )

他の銀行( B銀行 )で、物件を変えて( これが本命の買いたかった物件です )

物件価格 2,700万円 諸費用 200万円

合計 2,900万円を持ち込んだ場合 同じ保証会社を使っている銀行ならば、満額で承認が出る可能性大!!

自己資金割合の提示といった条件もなくなります (^_^)v

表現は悪いですが、A銀行を踏み台にして、B銀行で承認を貰うという事です (-_-;

結果、自己資金0で住宅ローンを組むことが可能になります (^_^)/

ま、この辺のテクニックは担当の営業が、どれだけ実績を持っているか、柔軟な対応で金融機関と交渉が出来るかにかかってくるので、住宅ローンの審査に不安がある場合、物件以上に担当選びが必要かも!? ( ..)φ



≪ おまけ ≫

前回書込みしました「 団体信用生命保険 」のオプション契約

追加できる保険、がん保険とか三大疾病、八大疾病の件ですが、融資された後では追加が出来ません (>_<)

最初は物入りだから、後で余裕が出来たときに加入したい
… それ無理です!

これも資金計画ですね (^_^)/

拍手[0回]

PR

スポンサーリンク

ブログ内検索

ブログランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金相談・支援(債務整理)へ

ninja tools

スポンサーリンク